海外旅行(長期)に持っていくもの


(1)最低限必要なもの


海外旅行に出かけるとき、最低限必要なものは何かといえば、

@パスポート
A出国チケット
Bお金


この3つさえあれば、それ以外の物はだいたい現地で手に入ります。

『海外旅行は、手ぶらでも、行こうと思えば行ける』

ということを、まず頭に入れておくとでしょう。

自分もこの旅行中にバックパックを盗まれ、3回ほど手ぶらの状態になりましたが、
それでも支障なく旅を続けられました。
つまり、キャッシュカードとかTCとか、お金を引き出すツールさえ無事であれば、
パスポートは再発行してもらえるし、必要なものは現地で買いそろえられるし、
旅は続けられるということです。

だから、海外旅行の荷造りをする時は、

「ま、最悪、手ぶらでもなんとかなるんだ」

と思えば、気持ちが楽になるでしょう。


(2)お金はどう持っていくか

シティバンクのキャッシュカード(バンキングカード)
が便利でした。

別にシティバンクじゃなくても、’PLUS’と提携しているカード
カードの裏にこういうマークが付いてるやつ→PLUS
なら、’PLUS’のマークがついたATMで、世界中どこでも現地通貨のキャッシングができます。

ATMが普及していない国では、現金が必要になります。
現金は米ドルが一般的ですが、
西アフリカのように、ドルよりユーロの方がレートがいい地域もあれば、
タイのように、直接円から両替する方が得な国もあり、
パキスタンやエジプトのように、ATMはあるけど、現金の両替レートの方がいい国とか、
いろんなパターンがあるので、事前にチェックしておくといいでしょう。

長期旅行で現金をどれくらい持ち歩くかということですが、
基本的には、

『次にATMが使える国までに必要な金額』

を持ち歩きます。
たとえば、東アフリカ縦断ルートだったら、
ATMが使えるのは、ケニア、タンザニア、南アフリカなので、
エジプト、スーダン、エチオピアで必要な現金は、
あらかじめヨーロッパで作っておいて、その後タンザニアで、
ザンビアやジンバブエなど、南アフリカに入るまでに必要な現金を作る
(ATMから現地通貨を引き出してドルに両替する)
というふうに、やりくりしていきます。

TC(トラベラーズチェック)は、高い手数料を取る国が多くて、使いにくいですが、
カードも現金も盗まれた場合に再発行してもらえると助かるので、
なるべく両替せずに、非常用に持っておくといいです。
行き先から日本まで帰って来れる金額($1500ほど)を、TCで持つといいでしょう。

まとめると、
@ATM
が使える国ではカードを使う。

使えない国では、
A現金
を用意する。

BTC
は非常用に持ち歩く。

というのが、自分のお金の持ち方でした。


<注意>
TCを盗まれた場合、連絡を入れた時点ですでにそのTCが使われていたら、
再発行はされないので、気付いたらすぐに連絡を入れる必要があります。
(こまめにチェックする必要がある)
再発行してもらう際には、TCの番号を伝える必要がありますが、
荷物ごと盗まれた場合などは、番号の控えも一緒に紛失する可能性が高いので、


重要な情報はHotmailやYahooメールに下書きセーブ

しておけば、仮にすべてを失くしても、インターネットで番号のチェックはできます。



(3)持ち物

出発するときは、ごちゃごちゃといろんなものを持って出たのですが、
最終的に残っていたのは、以下のようなものです。

パスポート、現金、シティバンクキャッシュカード、ビザカード
ガイドブック、会話集、メモ帳、筆記具
カメラ(フィルム)、ビザ用写真
時計、はさみ、爪切り、耳かき、折りたたみ傘
着替え、バスタオル
薬(正露丸)
石鹸、シャンプー、はみがき、歯ブラシ、ひげそり、トイレットペーパー、ヘチマタワシ

サブザックに十分収まる量ですが、これくらいあれば、特に不自由はしないです。

アフリカへ行く場合は、以下のものが必需品になります。
イエローカード(黄熱病予防接種証明書)
マラリヤ治療薬(現地で購入できる)
虫よけ(蚊よけ)スプレー


[戻る]