言葉


英語以外の言語で現地の人とコミュニケーションをとるのも、
旅の楽しみの一つと言っていいでしょう。
通じた時はうれしいものです。

世界を旅するのに、覚えておくと便利な言語を整理してみました。

スペイン語 中南米のほとんどの国で使える。
フランス語 西アフリカ、中央アフリカ、マダガスカルの他、タヒチやギアナなど世界各地のフランス領で使える。
ロシア語 旧ソ連15カ国で使える。
ポルトガル語 ブラジルとアフリカの数カ国(モザンビーク、アンゴラ、ギニアピサウ、サントメ、カボベルデ)で使える。
中国語 中国本土はもちろん、世界各地のチャイナタウンで使える。

英語が世界共通とは言っても、通じるのは世界の半分くらいで、
西アフリカ、中南米、中国、旧ソ連といった地域では、
やはり英語以外の言語も必要になってきます。

上の5つの言語を、ある程度覚えておくと、
もうどこへ行っても、ほとんど「こわいもんなし」って状態になります。

これ以外にも大勢の人に使われている言語はたくさんあるのですが、
例えば、ドイツ語、アラビア語、ヒンドゥー語圏などでは、
英語もかなり通じるので、優先順位としては低くなります。

「英語だけでも苦労したのに、他の言語なんてとんでもない」
と思うかもしれませんが、
旅行に使う言葉というのは、「いくらですか?」とか、「部屋ありますか?」とか、
せいぜい文100コ+数字くらいなので、
2週間1言語くらいのペースで覚えていける量です。

覚え方としては、
自分が言えなかった文を英語でメモしておいて、
後で現地の英語を話せる人に訳してもらうといいでしょう。
旅行中に使う言葉は、意外と個人差があるので、
自分専用の会話集を作るといいです。

ちなみに、自分がある程度勉強して覚えた言語は、
英語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、中国語、
タイ語、ミャンマー語、ペルシア語、インドネシア語(=マレー語)
でした。
スペイン語は、グアテマラでスペイン語学校に通い、
ポルトガル語は、サンパウロの日系人向け図書館で勉強しました。

もう少し勉強しておけばよかったと後悔したのは、やはり中国語でしょうか。
世界のほとんどの国にあるチャイナタウンで、
現地の人と会話ができるというのは、やはり大きいです。


[戻る]