お金の使い方


お金というのはエネルギーの流れのことで、
そこに入っているいろんな思いが相手に影響を与えていきます。

たとえば、

「いい買物をした、ありがとう」

そんな思いで手渡されたお金は、相手にプラスの影響を与え、
相手を豊かにしていくことでしょう。

逆に、
「高いぞ、コノヤロ〜!」
みたいな気持ちで渡されたお金は、相手にマイナスの影響を与え、
体の調子が悪くなったり、人生がおかしくなったりするかもしれません。

人から人へ手渡されるものは、思いを広げる器としても機能していて、

いい買い物をしたときに、

「ありがとう」

とか

「うれしい」

といった思いを入れて手渡していると、

自分の世界が喜びや感謝で満たされていくことでしょう。



[戻る]