思いと現象


何かいいことがあると「うれしい」という思いを出す、

あるいは、

人から親切にされると「ありがたい」という思いを出す、

これは心の使い方としては、順番が逆で、

先に「うれしい」という思いを出すことで、
うれしくなる出来事がやってきます。

先に「ありがたい」という思いを出すことで、
ありがたいと思えるような出来事が、後からやってきます。

思いが先で、現象が後です。

先に心の中を喜びで満たしていくと、
その後で現実が喜びで満ちていきます。


[戻る]