2014アジア滞在(コタバル~サムイ島)
(2014.4.20~8.7)

ブルーサムイ
サムイ島(ラマイビーチ)

(3ヵ月半の滞在のうち、最初の2週間の旅行的な部分の記録です)

今回は、マレーシアの首都クアラルンプールから、
タイ国境近くのコタバルまでのチケットが安かったので、
コタバルから陸路でタイに入り、サムイ島を目指すことにしました。

こんな感じ



手描きで無駄に時間かけて作った東南アジアMAP

エアアジア
4/20 関空16:40発KL22:25着 ¥12000
4/21 KL6:35発→コタバル7:35着 ¥1300

<旅行時のレート>
1タイ・バーツ=3.2円
1マレーシア・リンギット=32円(=10バーツ)

4月21日(月)

空港から町までローカルバスがあるということだったので、しばらく待っていたけど、
一向に来ないので、タクシーでバスターミナルへ向かいました。
空港から町までのタクシー代(30MR)が、飛行機代とあまり変わらないというのが、
何か納得がいかなかったけど、おそらく飛行機代が安すぎるのでしょう。笑

コタバルのバスターミナル
コタバルのバスターミナル

国境の町ランタウパンジャン行きのバスに1時間ほど乗り、イミグレ前で途中下車。
(終点のバスターミナルまで行ってしまうと、また歩いて戻らないといけない)
出国手続きをした後、歩いて国境の橋を渡り、入国手続きをしてタイに入国。
15分ほど歩くと、タイ最南端の鉄道駅があるスンガイコーロクに到着です。

スンガイコーロクのイミグレ
タイ側のイミグレ(ここを抜けるとタイに入国)

スンガイコーロク駅
スンガイコーロク駅(イスラム色が濃い)

タイは仏教国ですが、深南部はイスラム教徒が多く、独特の雰囲気があります。
スンガイコーロクから鉄道で4時間(92B)で、南部の中心的な町ハジャイに到着。
日本から24時間かけての移動は予想以上にハードだったので、
ハジャイに2泊して体を休めることにしました。
(徹夜明けの国境越えはさすがにしんどい・・)

8番ラーメン
ハジャイの『8番ラーメン』にて


4月23日(水)

ハジャイから鉄道で7時間(55B)で、スラタニに到着。
夕方以降は町へ行くバスがないので、駅前の宿に一泊して、次の日町へ移動。
ナイトマーケットは相変わらずにぎやかでした。


4月25日(金)

スラタニからサムイ島へは、バスとフェリーがセットになったチケットが240Bで、
1時間に1本ほど出ています。
シートラン社のターミナルを12:30に出発し、ドンサク港に13:30到着。
船に乗り換え、サムイ島のナトン港に15:30到着。
港を出たところで待機しているソンテウ(乗合トラック)に乗り込み、
ラマイビーチへ向かいました。(60B)
バンコクからだと遠く感じたサムイ島も、スラタニからだと気軽に行ける距離です。

ドンサク~ナトン航路
ドンサク~ナトン航路

ナトン港
サムイ島(ナトン港)に到着


4月26日(土)~5月2日(金)

サムイ島ではチャウエンビーチが一番にぎわっていますが、
少し南のラマイビーチが、静かで落ち着いていて、町も適度に便利なので気に入ってます。
(コンビニはもちろん、マクドナルドもある)

ラマイビーチの街並み
ラマイビーチの街並み

9年前は一泊300Bだったラマイセントラルホテル(現バーンカーンジャナ)は、
今は600Bに値上げしてますが、まあギリギリ許容範囲です。
朝部屋を出ると、中庭に植物の匂いが充満していて、癒されます。

バーンカーンジャナ
ホテルの中庭

ラマイビーチ
ラマイビーチ

島では朝が遅くて、ほとんどの店は昼頃から営業を始めるので、
午前中にビーチへ行くと、けっこうな範囲を一人占めできます。
午後は暑くなるので、エアコン部屋でネットしたりして(WIFIフリー)、
夜はレストランでシーフードを食べ、バーで一杯飲んで帰ってくるという、
穏やかな日々でした。

シーフードレストラン
シーフードレストラン

レストランには魚や貝が並んでいて、自分で食材を選んで調理してもらうことができます。
名前のわからない魚が多くて、味が予測できないところがまた楽しいです。

シーフードのホーモク
ホーモク

シーフードのホーモク(ココナツにカレーを詰めた料理)も、かなりやばいうまさでした。
タイ南部はココナツ系の料理がうまいです。

バンブーレストラン
バンブーレストラン

宿の近くにあるバンブーレストランは、
竹でできたテーブルと、すぐそばのヤシの木、それに目の前に広がる海が、
島ならではのリラックスできる空間をつくり出しています。
夜の海に点々と燈るイカ釣り船の明かりを眺めつつ、
ここで食べるシーフードピザは、ちょっとした贅沢です。


5月3日(土)

サムイ島滞在後は、スラタニからバスでペチャブリーへ移動。
バンコク行きのバスに乗って途中下車したので、
夜中にどこかわからない場所で降ろされ、しばらく途方にくれたけど、
そこは元バックパッカーの勘で、地形とか見ながらなんとなく宿まで辿り着けました。


5月4日(日)

ペチャブリーでは、カオワンという丘周辺に野生の猿がたくさんいて、
一匹一匹がそれぞれ何らかの面白い行動をとっていて、見ていて飽きないです。

カオワンの猿
カオワンの猿

観光客がコーラのペットボトルを渡すと、歯で穴を開けて器用に飲みます。
(そのうちキャップの開け方も覚えるかもしれません)
屋台で食べ物とか買って歩いていると、背後の死角からこっそり近づいてくるので、
胸の前に持ってガードする必要があります。(正面からは向かってこない)
あと、トラックで食べ物とか運んでるおっちゃんが、よく猿を追いかけてる姿を目にします。笑


5月5日(月)

ペチャブリーからミニバス(100B)に乗れば、2時間ほどでバンコクに到着です。


その後はふつうにアパート暮らしをしながら、
月に1回ビザランでラオス国境を往復したり、
知人に会ったりしながら、のんびり過ごしていました。

まあいろいろと楽しかったのですが、
旅行ではないので、以下省略ということで・・。

ノンカイ駅前の日曜市
ノンカイ駅前の日曜市
(寿司1貫5B、10コ買うと1コおまけ)


ちなみに帰りのチケットは、
バンコク16:00→クアラルンプール19:10 1280B(¥4167)
クアラルンプール1:00→関空8:25 337MR(¥10978)

でした。

※2014年9月以降は、エアアジアの日本~バンコク直行便が就航しています


[戻る]